肺がん闘病記―転移と治療の始まり
   検診や治療、手術、転移などの肺がん闘病記
 

 闘病記―末期肺がん

ガン治療に最も効果的な食事法

末期肺がんの闘病記を読んでいて感じることは、人間は期限が定められないと人生を存分に燃焼できないものだということです。時間はたくさんあったはずなのに、死期が迫ってから慌てて残りの人生でこれまで遣り残したことを解消しようとすることは珍しくありません。もしかしたら末期肺がんになって初めて、自分の人生と向き合うことになるのかもしれません。

皮肉なことですが、人間は生きている間の大部分を毎日の細々としたことに追われて過ごし、もう終わりが見えてきたところでようやく総決算を始めるのです。そのきっかけの一つが末期肺がんであることが闘病記からも読み取れます。治療をしても根治が望めず、後は痛み止めや余命を伸ばすことが治療の目的となった頃になって、切実さを胸に抱くというのは遅すぎるようにも感じますが、人間の本質を映し出しているとも考えられます。

タイミングを嘆くよりも、末期肺がんでもまだ動けるうちに思い残しのないように過ごすことこそ、生活の質を高めることではないでしょうか?医療は健康に資するために存在していますが、もはや根治が望めない状態にある患者さんに対しては、精一杯生き抜くための手助けを行うという意味も持っているはずです。人間の価値は生きた年数によって決まるものではありません。どれだけ濃い生活を送ることができたかによって判断されるべきです。末期肺がんとなってから、どのような立ち振る舞いができるかによって、その価値が決まります。

copyright © 2005 肺がん闘病記―転移と治療の始まり all rights reserved.