肺がん闘病記―転移と治療の始まり
   検診や治療、手術、転移などの肺がん闘病記
 

 末期症状になってしまったら

ガン治療に最も効果的な食事法

肺がんが末期症状になってしまったら、治療の目的は治癒ではなく、疼痛のコントロールを始めとしたQOL(生活の質)の向上に主眼が置かれることがあります。残念なことですが、進行の程度によっては、完治を見込めなくなってしまうことがあるのが現実です。その大きな原因になるのが転移です。末期肺がんでは他の臓器にも癌細胞が広がってしまい、原発巣である肺の手術を行ったとしても、他の部位には病巣が残ってしまいます。全身化学療法として抗がん剤を使うこともできますが、それも万能ではなく、進行を遅らせる程度の効果にとどまってしまうことも多く見られます。

発見時にどの程度の病期(ステージ)に進行しているかということは、その後の治療を占う上で重要な意味を持ちます。初期であるほどに治癒の確率は高まり、良好な予後が期待されます。対照的に、末期肺がんになってから見つかった場合には、専門医でもできることは限られてしまいます。

組織型で考えると、特に悪性度が高いのは小細胞癌です。非小細胞がんは、腺がんや扁平上皮がん、大細胞癌が代表的ですが、これらと比較しても小細胞がんは進行が早く、早い段階から転移を始める性質を持っているため、患者さんとしては大きな危険を抱えることになります。小細胞がんに関しては、発見時に手術の適用外と診断されるケースが多いのですが、放射線治療や抗がん剤が比較的よく奏効するため、これらの治療を中心にすることになります。

喫煙と肺がんの発症はしばしば結び付けられますが、組織型によって関連が深いものと、あまり関係ないものに別れます。ただし、全体として見れば喫煙は大きな危険を招く原因となることは間違いありませんので、喫煙習慣のある方は定期検診を受けて末期症状になる前に発見できるようにしておきましょう。

copyright © 2005 肺がん闘病記―転移と治療の始まり all rights reserved.