肺がん闘病記―転移と治療の始まり
   検診や治療、手術、転移などの肺がん闘病記
 

 末期症状になってしまったら

ガン治療に最も効果的な食事法

肺がんが末期症状になってしまったら、治療の目的は治癒ではなく、疼痛のコントロールを始めとしたQOL(生活の質)の向上に主眼が置かれることがあります。残念なことですが、進行の程度によっては、完治を見込めなくなってしまうことがあるのが現実です。その大きな原因になるのが転移です。末期肺がんでは他の臓器にも癌細胞が広がってしまい、原発巣である肺の手術を行ったとしても、他の部位には病巣が残ってしまいます。全身化学療法として抗がん剤を使うこともできますが、それも万能ではなく、進行を遅らせる程度の効果にとどまってしまうことも多く見られます。

発見時にどの程度の病期(ステージ)に進行しているかということは、その後の治療を占う上で重要な意味を持ちます。初期であるほどに治癒の確率は高まり、良好な予後が期待されます。対照的に、末期肺がんになってから見つかった場合には、専門医でもできることは限られてしまいます。

組織型で考えると、特に悪性度が高いのは小細胞癌です。非小細胞がんは、腺がんや扁平上皮がん、大細胞癌が代表的ですが、これらと比較しても小細胞がんは進行が早く、早い段階から転移を始める性質を持っているため、患者さんとしては大きな危険を抱えることになります。小細胞がんに関しては、発見時に手術の適用外と診断されるケースが多いのですが、放射線治療や抗がん剤が比較的よく奏効するため、これらの治療を中心にすることになります。

喫煙と肺がんの発症はしばしば結び付けられますが、組織型によって関連が深いものと、あまり関係ないものに別れます。ただし、全体として見れば喫煙は大きな危険を招く原因となることは間違いありませんので、喫煙習慣のある方は定期検診を受けて末期症状になる前に発見できるようにしておきましょう。

 目安となる生存率

ガン治療に最も効果的な食事法

肺がん生存率は、他の癌と比べても低い傾向があります。それだけ悪性度が高いということであり、患者さんとしては安心できるものではありません。特に小細胞癌の場合には進行や転移が早く、末期になるまでに時間がかからないうえ、初期症状のうちに発見することが難しいことが特徴となっています。

手術を行った場合の肺がんの5年生存率の目安としては、ⅠA期が85%、ⅠB期が65%、ⅡA期が60%、ⅡB期が45%、ⅢA期が35%、ⅢB期が30%、Ⅳ期が20%となっています。ただし、これらは手術を行えた事例についての統計ですが、末期に近づくほど手術を適用できない事例が増えていきますので、患者さん全体としては、より生存率が下がる傾向にあります。

治療の方法としては、手術のほかにレーザー治療や抗がん剤、放射線療法があります。抗がん剤や放射線療法は小細胞がんの場合には効果が高く、発見時に手術ができない場合であってもある程度の効果を期待できます。ただし、組織型に関わらず、治癒を目指すためには病巣の切除がもっとも基本的な選択肢となります。また、レーザー治療は原則として初期の小さな癌が対象となるため、症状が進行してしまうと使うことができません。

生存率を高めるためには、初期症状のうちに発見しておくことが大切です。末期になるほど回復は難しくなるので、定期検診を受けることでリスクを小さくしておきましょう。また、予防のために喫煙を止めることも重要です。タバコは大きな原因となっていますので、禁煙は大きな予防効果をもたらすことになります。喫煙が習慣になってしまうと、改めて見直す機会もなく、惰性で吸いつづけてしまいがちですが、実際に死に至るケースは多く存在し、毎年多くの方が犠牲になっている事実を見つめてください。

 辛い吐き気

ガン治療に最も効果的な食事法

抗がん剤を用いる副作用として、吐き気によって肺がんの治療が辛くなってしまうことがあります。いくら症状の改善の効果があるとはいえ、やはり簡単に割り切れるようなものではありません。ました、化学療法によって完治できる保障がなければなおさらです。

肺がんに頻繁に用いられる抗がん剤としてシスプラチンがありますが、このシスプラチンは吐き気を誘発するものです。そのため、これまでにも多くの患者さんを苦しめてきました。しかし、制吐剤を用いることによって、吐き気を押さえることができるようになりました。特に初期の副作用を効果的に抑制できるようになり、患者さんの苦痛を和らげることができるものとなっています。

抗がん剤のみではなく、その副作用を減らすことができる薬剤の登場によって、患者さんとしては大きな恩恵を受けられるようになっています。吐き気をはじめとして、過去のイメージに囚われて過剰に怯えている部分もあると思いますので、医療の現状を理解することが必要です。

この他にも、好中球の減少が見られる場合に用いるG-CSF制剤という薬もあり、これを注射することによって、数日中に好中球が生成されるようになります。また、特定の副作用がひどい場合には、薬剤を替えることによって症状が改善することがあるため、専門医に相談してみましょう。また、治療後の回復の見込みについても知っておくと、どの程度の期間我慢すればよいか分かるので、励みになります。

化学療法に副作用は付き物ですが、時として非常に深刻に患者さんを苦しめるものです。一人で抱え込むのではなく、専門医や看護士に状況を報告して判断を仰ぎながら闘病生活を続けてください。

 余命

ガン治療に最も効果的な食事法

症状が進行すると、肺がんによって余命が圧迫されてしまう状況が生まれます。末期症状になると、希望を持つことも大切ですが、現実と向き合うことから逃げるわけにもいきません。すでに残された時間がわずかなら、その間にできることを検討しなくてはならないからです。

現実問題として、一人の人間が亡くなれば周囲の人に大きな波紋を及ぼします。余命が限られた状態であれば、そうしたことに配慮しておくことも必要になります。闘病生活を支えてくれた家族を中心に、これからのことを託しておかなくてはなりません。

数ある癌の中でも、肺がんは死亡率が高く、大腸がんや子宮がんのように治癒できる可能性が高いものではありません。難治癌の代表格とされるすい臓がんほどではありませんが、決して生存率が高いものではないのです。早期に発見できれば助かる見込みは大きいものの、末期になってしまえば有効な治療法がなくなってしまいます。

たとえ余命がわずかだとしても、最期まで希望は捨てないで下さい。専門医の予想を覆すほどの回復を見せた方や、当初予想されていた生存期間を大幅に上回る方がいるのも事実です。また、抗がん剤や放射線治療、鎮痛剤によって痛みを緩和し、快適な状態で生きていけるようになっていますので、痛みがある場合には遠慮しないで医師に相談してください。

末期肺がんで余命が迫っている状態でも、苦痛が激しい場合と、穏やかに過ごせる場合があり、症状の現われ方は人それぞれです。転移した部位によっても異なりますので、一概には言えませんが、ある程度は医師によってコントロールすることもできますので、一人で抱え込まないで下さい。

 闘病記―肺がんの転移

ガン治療に最も効果的な食事法

転移について肺がん闘病記を書き出すことにした。まずは症状を発見した検診のことや、そこから始まった治療についての紹介が先に行われるべきものなのかもしれないとは思いつつ、もっとも大きな関心事は無視することができず、結局そのような結論に至った。大きな病気はしたことがないし、まさか自分が闘病記に肺がんの転移のことを記述するような立場になるとは予想することもできず、そもそも作家やルポライターのような文筆業でもないのに、自分の書いた文章をインターネット上とはいえ世間に公表することだって、以前なら考えられなかったことだ。

それでもこうして闘病記を肺がん転移という糸口で書き始めたのは、誰かに自分の思いや悩みを聞いてほしいという身勝手な動機と、自分の経験を同じ病気に苦しむ人の参考になればという想いと、半々だろう。自分が告知を受けて戸惑ったように、あなたやその家族が病気と折り合いを付けながらの暮らしを始めたのであれば、まずは気持ちをしっかり持って落ち着いてほしい。経験から出る言葉だが、我が身を振り返れば、動揺しっぱなしで少しも冷静になどなれなかった。そのおかげで治療が遅れ、症状も進行してしまうという悪循環を招いてしまったことは、今でも悔やんでいる。

検査を受けてすぐに医師と話し合いを持っていれば、その間に肺がん転移が進むことを抑えられたのだろう。100%遮断するというわけにはいかないにせよ、一部は抑制できたはずだ。病名を聞いた途端に血の気が引いて、死を連想してしまい、真剣に病気と向き合うことを恐れてしまったことが最大の問題点だった。目を背ければ一時的には恐怖が遠のくし、不都合な真実だって耳元でわめき散らしているわけではないのだから、曖昧にごまかしていればしばらくの間はしのげるというつまらない打算が処置を遅らせてしまったのだ。

逃げていたところで肺がんが転移するのを予防できるわけではないが、少なくとも気は紛れる。良くも悪くも、症状の進行は実感を伴うものではなく時差があるものなので、一端は不安を回避することができた。その間にも治療をしないことにより事態は悪化し、後に苦労することになるわけだが、それだけ現実を克服しようという精神の強さが足りなかったということを今になって思う。どのような特徴のあるかということや生存率について調べてみるわけでもなく、元々持っていた曖昧な知識が増えることもなく、ただ無意味に生きていただけだった。

もし肺がん転移が末期の段階にまで進んでいたとして、残りの人生を燃え尽くすような情熱をもって過ごせたかと考えれば、きっとできなかっただろう。くすぶったまま、現実逃避を続けて最期の瞬間が近づいてきたら取り乱すというのがせいぜいだったと思う。自分が情けなくなるが、どうやら長年生きてきても本質は脆弱なままだったようだ。肺がんという病気に怯え、他の臓器に転移することを適切に予防することもできなかったのだから、成熟した大人としての対応ができていなかったと指摘されても、反論の余地もない。

常に死と隣り合わせの侍のような気概を持って会社員をするということは、現実的に考えれば困難であるとは分かっていたが、まさかここまで平和ボケしているとは考えていなかった。イレギュラーな出来事が起きたときに、まるで何もできないなんて無能な人間だと思っていたが、どうやら自分がそうだったようだ。平凡ではあったが、健康にはそれなりに自信があった。強烈な個性がない分、大きな悲劇に見舞われないのも自然だという意識が心の片隅にはあったし、肺がんが転移していくというイメージは自己認識とうまく調和していなかった。

死という遠くにあったはずの事象が、いつのまにか目の前に立ちはだかっていて、手を伸ばせば触れられる距離になっていたことに愕然としてしばらく時間は過ぎていたが、いい加減現実から目をそらすのも限界が来る。勇気を出して全てを受け入れる度量を見せなければ、小物のままで人生を終えてしまうという焦りも湧いてきて、ここは一勝負しなくてはならないと、すっかりなまった肩を回してみたりして、心の中の弱い部分を追い出そうと、対峙するイメージを繰り返し描いては挫折してみた。

転移も肺がんも何かの間違いだったと、医師が言ってくれたら笑って許す器量は持っているつもりだったが、それは心が広いからではなく、助け舟を出してくれた有り難さからそうするだろうというだけの後ろ向きなものだ。夏休みの宿題を最終日まで残しておく子供ではないのだから、いつまでも問題を先延ばしにしているわけにはいかない。決意を決めて、真剣に治療を受けるという申し出を主治医に対して行った。

そうでもしないと、また逃げ出したくなることが分かっていたので、あえて毅然とした態度を演出してみたが、すでに肺がんも転移しているのに、今さら何を言い出したのだろうと思われていたのかも知れない。それまで逃げ回っていたのだから、笑われたって仕方がないという覚悟はしていた。ただ、白衣に身を包んだ医師は、人間の弱さをも慈しむような目をして、「これから一緒に治療を始めましょう。」と語ってくれた。

これまでのことが負い目になっていた私は、もしかしたら名医に出会えていたのかもしれないとひとしきり感動し、その日からは処方された薬は必ず服用するようになった。肺がんは転移をはじめているし予断を許す状況ではないが、末期にまでは達していない。確実に時間を無駄にしてしまったが、それがあったからこそはっきりとした決意ができたということも事実だ。これまでの分を取り返すためにも、できる限りの努力はしようと自分の胸に誓った。

転移という現象は治療の大敵になるし、それを呼び込んでしまったのは自分の煮え切らない行動と意志薄弱な態度だった。それなら、かつての過ちを挽回するだけの努力を示すしかない。幸い、主治医に見放されてしまうような悲劇は免れたし、今さらながら闘病生活のスタートを切る準備ができた。過去を振り返るよりも未来をしっかりと視界に捕らえて第一歩を踏み出したのがこの時期だった。

 闘病記―末期肺がん

ガン治療に最も効果的な食事法

末期肺がんの闘病記を読んでいて感じることは、人間は期限が定められないと人生を存分に燃焼できないものだということです。時間はたくさんあったはずなのに、死期が迫ってから慌てて残りの人生でこれまで遣り残したことを解消しようとすることは珍しくありません。もしかしたら末期肺がんになって初めて、自分の人生と向き合うことになるのかもしれません。

皮肉なことですが、人間は生きている間の大部分を毎日の細々としたことに追われて過ごし、もう終わりが見えてきたところでようやく総決算を始めるのです。そのきっかけの一つが末期肺がんであることが闘病記からも読み取れます。治療をしても根治が望めず、後は痛み止めや余命を伸ばすことが治療の目的となった頃になって、切実さを胸に抱くというのは遅すぎるようにも感じますが、人間の本質を映し出しているとも考えられます。

タイミングを嘆くよりも、末期肺がんでもまだ動けるうちに思い残しのないように過ごすことこそ、生活の質を高めることではないでしょうか?医療は健康に資するために存在していますが、もはや根治が望めない状態にある患者さんに対しては、精一杯生き抜くための手助けを行うという意味も持っているはずです。人間の価値は生きた年数によって決まるものではありません。どれだけ濃い生活を送ることができたかによって判断されるべきです。末期肺がんとなってから、どのような立ち振る舞いができるかによって、その価値が決まります。

 肺がん名医名鑑

ガン治療に最も効果的な食事法

肺がん名医を探す時の障害の一つとして情報不足があります。それさえ解決できれば、もっと気持ちを落ち着けて闘病生活を送ることができるのに、どこに行けば名医がいるのか分からないために、間に合わせで病院選びをしてしまっているというのは、好ましい状況ではありません。とりあえずと言い訳をしている間にも転移が進んで手遅れになってしまうこともありますし、肺がん名医を見つけるなら1日も早いことが望まれます。症状と言うのは、分かりやすいものばかりではありませんので、手術のために開腹してみて初めて発覚する腫瘍もあります。

見落としがあれば、当然適切な治療が行われていたことは期待できません。最初の検査で肺がん名医によって見つけることができていれば、転移などしなくて済んだかもしれないのです。医師の技量は生存率に直結してくる問題ですので、軽視することはできません。簡単な手術であれば、最低限の知識と技術によって成功させることができても、高度な医療は主治医の実力によって患者の生死が分かれてしまうことがあるのですから、肺がん名医についての情報を入手することを簡単に諦めてはいけません。
それは自分の命を諦めることと同じだからです。

実績と実力が比例しているわけではないにしても、相関関係がある以上は、過去にどれだけの治療例があるかを見ることで、その医師や病院のレベルを計測することができます。初期か末期かによっても、治癒の難易度はまったく違いますので、本来なら同じ条件下で統計を取るのが理想ですが、現実にはそのようなデータを収集することは困難ですので、ある程度の誤差は許容範囲とすることになるでしょう。それでも肺がん名医探しのヒントにはなるのですから、あなどれません。

病院で行われている医療行為というのは、医師の国家試験のように一律に実施できる性格のものではありませんので、基準も絶対的なものではありません。内容を確認して、自分が納得できるかどうかと言う視点を持ちましょう。たとえば、手術を考えている時に、肺がんの名医を決める基準として手術が大きな要素として考慮されていなかったら、そのまま信用していいのかという問題が発生します。あるいは、手術不要の自然療法を望んでいるのなら、また違った視点から見ることになるでしょう。

 闘病記―肺がん検診

ガン治療に最も効果的な食事法

肺がん検診から全てが始まりました。転移どころか自覚症状もなかった肺がん検診を受けに行ったのは、会社の健康診断に引っかかったのが原因で、それまではまさか自分が深刻な病気になっているなど、予想した事もない。あの頃の私にとって、闘病記で肺がん検診や治療のことを発表することになるなど、まったく検討もつかないことだった。

現実はいつのまにか水面下で事細かに仕組まれていたらしく、転移が見られるまでに肺がんの症状は進行してしまっていた。もし自分が会社員でなければ検診を受けるなん何年先のことになったか分からないし、末期になるまで放置していた可能性すらある。毎日の暮らしの中で、肺がん検診を受けようかと考えたことすらないのが実情だった。

部下の管理や部の仕事の進捗状況には気を揉んでいたが、自分の健康に対する意識は薄かったといわざるを得ない。同僚が風邪で会社を休めば体調管理ができていないと心に毒づいたが、自分は熱があっても休まなかった。周囲に風邪を引いたと思われたくないので、できる限りマスクもしないようにしていた。

年齢相応に健康なつもりでいたからこそ、肺がん検診というものは遠い異国の出来事のように感じていて、テレビで特集が組まれていたとしても、まったく気にとめずにチャンネルを回していたことだろう。考えても見れば、世界経済の解説や株価の変動によって自分の生活が受ける影響よりも、病気によって生活を変えられることの方が深刻なのだから、健康番組を黙殺して経済ニュースばかりを見ていたのは、あまり合理的な選択ではなかったのかもしれない。

テレビの健康番組さえも見ないのに、闘病記などわざわざ読むわけもないし、肺がんの検診にせっかくの休みをつぶそうとも思わない。そんなことをするぐらいなら、平日の疲れを癒すためにも家でゴロゴロしていた方がよほど良いとさえ思っていた。今から思えば不健康な生活習慣だが、その陰でがん細胞が転移しているなんて思わないのだから仕方がない。

医師が気の毒そうな顔で眉間にしわを寄せている意味が飲み込めず、自分の葬式を見ている幽霊のような気持ちになって病院の椅子に腰をかけていたことを覚えている。私の心痛の何倍もの無念さが、医師の表情には表れていた。思い返してみれば、患者の気持ちを汲もうと賢明な名医なのかもしれない。ただ、当時の私は感情が理解についていかず、心に波風一つたっていない状態だった。

電車の中で手にしている本が、告知を受けてから変わった。最初の1週間ほどは今まで通りビジネス書を読んでいたのだが、日に日にまったく頭に入ってこなくなっていったのが分かったのだ。出勤中にぼんやりと考え事をするようになり、それは決まって肺がん検診や、告知のことだった。

徐々に理解と感情が一致してきて、こうしている場合ではないという危機感が募り、書店に足を運んだ。普段足を止めるビジネス書コーナーや、話題のベストセラーが平積みされているスペースには目もくれず、早足に健康書のコーナーを探し回った。本屋は好きだが、今まで足を踏み入れたことがない分野だった。医学書や闘病記が並んでいる。

症状が解説されているものもあれば、治療法について詳しく記述されているものもある。ただ、医学書はあまりにも難解だった。通勤中は読書の時間と決まっていたので、年間に100冊近くの本を読んでいるはずだったが、専門用語の羅列のような医学書にはめまいを覚え、特に横文字には辟易した。元素記号のような言葉が何を意味しているのか、いちいち注釈を読んでいたのでは、文脈がまったくわからなくなってしまうだろう。そもそも、これではドイツ語で書かれた本を、辞書を片手に読み解こうというのと変わらない。

何冊かを手にとっては棚に戻し、闘病記に手を伸ばした。そこには患者の生の声が綴られていて、自分と同じように肺がんの検診を受けて症状や転移が見られると告知されたり、苦労しながらも治療を受けたりする様子が描かれていた。幸い、専門用語もそれほど多くは用いられてはいない。

レジに行って精算を済ませると、普段とまったく異なるジャンルの書籍を購入したので不思議がられるかと思ったが、若い男性店員は一人一人の客の顔や好みを覚えてはいないようだった。寂しい気もしたが、大学生ぐらいの年齢の若者が、書店の賃金の相場からして、おそらく周辺のファーストフードに比べると安い時給でアルバイトをしているのだから、高いプロ意識を要求するのも酷なことだ。大体、「闘病記なんて珍しいですね」などと声をかけられようものなら、その方がはるかに迷惑だろう。

都会の無関心に少しばかり寂しさと安堵を感じながら、帰りの電車で早速読み始めた。末期患者が書いた闘病記らしく、私以上に切実な症状であることが伺えた。治療や手術によって体が受けたダメージは甚大で、傍目から見るとひょっとして何もしない方が良かったのではないかとさえ思えた。

自分も、これから肺がん検診の結果を受け止めて治療に励まなければならないことを考えると、憂鬱にならざるをえない。幸いなのは、担当医が名医かもしれないと思えるほど印象が良かったことだ。親身になって相談に乗ってくれることは疑う余地がなかったのだから、その点においては恵まれていると言えるだろう。

人によっては、名医を求めて遠方まで行くこともあるというし、そのために治療費やホテル代がかさみ、生活が破綻しかけることもあるらしい。たしかに健康を取り戻すためなら、お金を惜しんでいる場合でもないだろう。お金は使うためにあるというが、確かに命を削ってまで貯蓄を増やしたところで何の価値もないだろう。

肺がん検診という出来事がなければ、今までどおり会社と自宅を往復するだけの毎日を過ごしていたことだろう。それが健康というテーマについて頭を悩ますようになったのは、大きな変化だ。人間、変われば変わるものだと認めざるを得ない。そして、偶然手にした闘病記には、その後の人生を揺るがす意外なことが書かれていた。

 肺がんの初期症状

ガン治療に最も効果的な食事法

自覚しやすい肺がん初期症状としては、長引く咳や血痰があります。もっとも、これらは初期症状の段階で必ず現われるというわけではなく、悪化してから生じるケースもあります。肺がんが初期症状の段階では、目立った兆候が何もないというケースもあり、そのことが発見を難しくしています。

もっとも、だからといって何も知らないでいるよりは、初期症状のうちに見つけられる可能性を高めるためにも、どのような傾向があるかを知っておくことは有益なことでしょう。そのおかげで異常に気付くことができる場合もあるのですから、無駄な知識ではないはずです。もし思い当たる節があるのなら、気楽に考えて放置せずに、病院で検査を受けて正確な結果を判定してもらいましょう。

肺がんでも初期症状なら完治させることは十分に可能です。むしろ治療が遅れてしまうことによって深刻な問題に発展していきますので、早期発見はチャンスと言うこともできるでしょう。告知をうけることはショックですが、そこで全てが終わるのではなく、名医から適切な治療を受けて、健康を取り戻せばよいのです。

定期的な検診を受診しておくことは、初期症状を見逃さないために大切な方策です。特にタバコを普段から吸う方で年齢が40歳以上になったら、体調不良がないとしても、毎年検診を受けておくことをお勧めします。末期になってから慌てて名医を探すよりも、手遅れにならないうちに対応できるようにしておいてください。

 肺がんの転移

ガン治療に最も効果的な食事法

肺には血液が多く集まってくるため、肺がん転移しやすい傾向があります。小細胞癌と非小細胞癌に分かれますが、その中でも小細胞癌は非常に転移しやすい傾向があり、非小細胞がんの1つである腺がんも比較的早くから転移をすることが多くあります。原発巣にとどまっているうちに治療を行うのが効果的ですが、発見が遅れると、すでに肺がんが転移してしまっていることが少なくありません。

検査においても、原発巣の状態だけではなく、CTやMRI、PET、骨シンチグラフィ等を使って、転移の状態についても調べます。この検査がいい加減だと、適切な治療方針を立てることもできませんので、重要な役割を持ちます。

肺がんの骨に転移すると骨折や骨の痛みを起こしますし、脳であれば頭痛や嘔吐、言語障害などが生じます。このように、原発巣での症状以外の症状が出るのですが、これは癌細胞がどこに転移したかによって異なります。全身に広がるほど、新たな問題が発生すると言えるでしょう。また、骨に放射線治療を行うことや、脳にガンマナイフを使うといったように、全身療法だけではなく、それぞれに治療を行うこともあります。

肺がんが体中に広がる前に治療を行うことが、生存率を高めるためには重要です。そのためにも、早期発見は不可欠な要素となります。


copyright © 2005 肺がん闘病記―転移と治療の始まり all rights reserved.